格安スマホはバリエーションが豊富

格安スマホは、MVNOと呼ばれる通信サービス事業が発行する「格安SIM」を、SIMフリーのスマートフォンに挿入して利用するのが一般的です。

格安スマホを利用する最大のメリットは、大手通信キャリアに比べ、料金を大幅に節約できる点です。月額料金を半額程度に抑えることも十分に可能です。格安スマホでは、豊富なバリエーションのサービスが実施されています。

これまで、通話のかけ放題プランがないことがデメリットとされてきましたが、近年ではオプションでかけ放題プランを準備する事業者も登場しています。これは、月に一定の金額を支払えば、5分や10分といった時間内でのかけ放題プランを付けることができるプランです。

自分から電話をすることが多い方にとって、大きなメリットがあります。一方、電話を自分からかけることがほとんどない方は、このようなオプションを付ける必要はありません。

付けることで割高になってしまうケースもあるからです。同時に、データ通信のみで音声通信を必要としない格安SIMを利用することができるのも格安スマホのメリットです。

最近では、電話回線ではなく、インターネット回線を使って通話ができる便利なアプリが登場しています。このようなアプリを使えば、音声通話SIMがなくても通話をすることができます。

なお、音声通話SIMは、データ通信専用SIMに比べると割高となっていますから、節約につながります。しかし、090、080、070などの電話番号が欲しい方は、音声通信SIMの購入が必要です。

格安スマホのバリエーションの豊富さはこれにとどまりません。例えば、データ通信量が細かく分けられていたり、余ったデータは翌月に繰り越せるサービスが実施されています。

さらには、カウントフリーと呼ばれる、特定アプリで使用したデータ量はカウントしないサービスを実施する事業者も登場しており、注目を集めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です