MVNOを利用すれば費用を安くできる

携帯端末の市場では、通信サービスを提供する大手キャリアに対してMVNOという格安SIMを提供する事業者が存在します。

MVNOは、大手キャリアと違って無線に特化した格安の料金プランを提供します。近年の携帯端末事業は、ユーザーに対する平均的な料金プランとしてだいたい5000円から6000円程度の相場でプランが考えられています。

一方で、MVNOは安ければ1000円程度のプランも存在しておりユーザーが自由に必要な分だけ料金プランを選択できるメリットがあります。MVNOが大手のキャリアと大きく異なるのは、サポートと通信設備の二つです。

この通信事業者は、会社そのもので通信設備を整えたりサポートを提供しているわけではありません。携帯端末のサービスそのものに特化してプランを考えていますので、余分なコストは全て削減していく方針を採用しています。

ですから、提供される端末の説明などもほとんどありませんし、困った時はユーザー自身で解決しなくてはいけません。そのかわりに、大手キャリアが真似できない格安の料金プランを提供しています。

それぞれの端末に与えられる容量は1GBから4GBが平均ですが、インターネットなどに繋ぐことがほとんどない人は4GBも必要ありません。ユーザーが必要なプランを提供することによって、ユーザーの金銭面の負担が大きく減少するメリットがあります。

ですから、大手キャリアからMVNOに乗り換える人は増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です