iPhoneの簡易カルテ機能

iPhoneの新しい機能をご存知でしょうか。

iOS8より導入されたヘルスケアアプリ内にある、メディカルIDというお役立ち機能です。ここには事前に、アレルギー、日頃飲んでいる薬、緊急時の連絡先を登録しておくことで、緊急時に周囲の人、もしくはお医者さんに情報を提供することができる機能です。

緊急時、たとえば交通事故に遭遇し、当人が情報を伝えることが出来ない場合、他人がiPhoneのロックを解除せずに、メディカルIDの情報にアクセスすることが出来ます。その方法は、ロック画面から右にスワイプすると、パスコードを入力する画面になりますので、その時に左下の緊急ボタンを押します。そうしますと、登録をしたメディカルIDの情報を誰でも見ることが出来るようになるのです。

登録できる情報は、名前、医療メモ、アレルギー、使用中の薬、血液型の他、配偶者の情報、身長、体重、または臓器提供の意思などになります。これらの情報はパスワードでロックすることが出来ないので、これらを活用したくない人、または知られたくない情報に関しては登録をしないほうがよいでしょうか。

また他人の情報も閲覧可能になるのでその際には、許可を取っておいたほうがよいかしれません。いずれにしても現状、この機能が医師などの間で多く広まっていることは考えにくいので、まだまだこれからのものとして考えておいたほうがよいかもしれませんが、iPhoneがさらにヘルスケア分野について、役立つものになっていくことになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です